いつまでも元気に保持するためには

内臓脂肪タイプの肥満が診られて、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2項目か3項目全てに相当する様子を、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しています。

前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが大変深く関わっており、前立腺の癌も同じく、アンドロゲン(雄性ホルモン)の機能によって大きくなってしまいます。

ポリフェノール最大の長所は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)やトコフェロール(ビタミンE)違い、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる作用があるのです。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や足が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しいむくみなどが象徴的で、病状が進むと、最も重症の場合、心不全などを連れてくる可能性があります。

日本における結核への対策は、長年、1951年施行の「結核予防法」にならう形でなされてきましたが、56年後の2007年から多くの感染症と同じように「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて実行されることが決まりました。

くも膜下出血(SAH)は9割弱が「脳動脈りゅう」という脳の血管の瘤(コブ)が破裂して脳内出血してしまう事によって罹患してしまう命にかかわる病気だと多くの人が知っています。

音楽会やライブなどの場内やクラブハウスなどに設けられた大音量スピーカーの近くで爆音を聞いて難聴になる症状を「急性音響性難聴」と称しています。

V.B6は、アミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー代謝のために欠かせない回路へ組み込むため、なお一層細分化させるのをサポートする働きもあると言われています。

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を低下させたり変異を招く有害な物質を体の内部で無毒化し、肝臓の能力をより強める動きが認識されています。

ストレスが溜まるプロセスや、簡単なストレス対策など、ストレスについて全体的な知識を持っている方は、現時点ではさほど多くはありません。

毎日の規則正しい、穏やかな日常生活、満腹になるまで食べないこと、楽しい運動やスポーツなど、古臭いともいえる健康についての配慮が老化対策にも関わっているということです。

国民病ともいわれる花粉症とは、森林のスギやヒノキ、ヨモギなどの草木の花粉に誘発され、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・鼻水などの辛いアレルギー症状を招く病気として知られています。

鍼灸用のハリを皮膚に刺してもらう、というダイレクトな多数の刺激は、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという呼称の謂わば電気信号伝達をもたらすという見方が浸透しています。

結核の原因となる結核菌は、菌を持っている人が咳き込むことで外気や内気の中に放り出され、空気中でフワフワ浮遊しているのを今度は他の人が空気と一緒に吸い込むことによりどんどん感染します。

エイズとはHIVの感染が原因となって生じるウイルス感染症の事であり、免疫不全を引き起こして些細な細菌などが原因の日和見感染や悪性腫瘍等を複数併発する病状そのものの事を称します。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が原因で発病する湿疹で、皮脂の分泌異常の素因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの崩れ、ビタミンBコンプレックスの不足等が大きいと考えられています。

急性中耳炎(Acute otitis media)は、一番よくある中耳炎で比較的幼い子供によくみられる病気です。耐え難い耳の痛みや38℃以上の熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのさまざまな症状が起こるのです。

目と目を合わせることで、本人が猫をとても愛おしいと思った場合に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスを軽くしたり心の癒しに結びついているのです。

一旦永久歯の周囲のエナメル質を浸食するほど時間の経ってしまった歯周病は、たとえ炎症自体が安定することはあっても、エナメル質が元通りに再建されるようなことは無いということを頭に入れておいてください。

鍼灸用の針を体に刺す、というフィジカルな程よい複数の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスという呼称の謂わば電気信号伝達を招くと言われています。

杉の木の花粉が飛散する3月前後に、まだ小さなお子さんが体温は異常ないのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした水っぱなが止んでくれない状況なら、『スギ(杉)花粉症』の恐れがあるかもしれません。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの一種のスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の物質について、肝臓の持っている解毒酵素のスムーズな製造を促進しているのではないかという真実が見えてきたのです。

下が90以上の高血圧が長い間継続すると、体中の血管に重い負担がのしかかり、全身至る所の色んな血管にトラブルが生じて、合併症を誘引する見込が高まります。

悪性の腫瘍である卵巣がんは、正常ならばヒトの身体をがんから保護する役目をする物質を生み出すための型みたいな遺伝子の異常で起こってしまう病気だと考えられています。

肝臓をいつまでも元気に保持するためには、肝臓の毒素を無毒化する力が低くならないようにする、言いかえれば、肝臓を老化させない対処法を迅速に実行することが重要だと言われています。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、数日きちんと服薬すれば、一般的に90%近くの人の自覚症状は去りますが、さりとて食道の粘膜の炎症反応が治癒したとは言い切れません。

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・吐き気・下痢を伴う程度で治まりますが、細菌性の場合は凄まじい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38℃以上の高い発熱が通例です。

体脂肪の量には変動がなく、体重が食物の摂取や排尿等によって一時的に増減する際、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上がることがわかっています。

細菌やウィルスなどの病気を誘引する微生物(病原体)が口から肺の中に忍び入って伝染してしまい、肺そのものが炎症反応を露呈している有様を「肺炎」というのです。

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒素の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と一方は毒素が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができます。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒バスピンを効果が出るまでお願い